ケータイ辞書JLogosロゴ 宮原(中世)


熊本県>阿蘇町

 室町期に見える地名。阿蘇郡湯浦郷のうち。応永16年9月日の肥後湯浦郷坪付山野境等注文写(阿蘇文書/大日古13‐1)に「宮原之山野之分」とあるのが初見で,当地の山野分の境が記され,「わうはんかりの時の狩きやうしめん」として,2筆,1反3丈が記されている。なお同注文写には,「大宮原之坪付一町一段分」とあり,一宮に年貢を納める田が5か所,計1町9反,正作田が1か所,1町(2反庄分,8反地之田)であった。また同注文写には「同中宮原之坪付二町二段分」とあり,一宮に年貢を納める田が4か所,計1町3反3丈,正作田が1か所,1町,ほかに4か所,計2町2反があり,うち1か所,5反は庄分3反と地之田2反であった。この中宮原については,南北朝期の至徳2年8月7日の阿蘇社領郷々注文(同前)に「一所 ゆのうら三けそうりやう二けふん」のうちに「やしき一所なかミやはら」と見えている。前記の注文写によれば,坪付分の「大宮原・中宮原合テ三町三段」にかけられる土貢は,「加用卅日定公事料」3貫300文,所当米2石2斗,筵10枚,用作6斗蒔,3月3日・5月5日・7月7日・10月亥日の雑飼料各々300文,山芋1束,「さうめぬ」2束,「あつき」3升,白米5升,師走の木20駄,炭籠10駄,積木10駄,雉1つがい,正月の地頭吉方行の5升つきの鏡餅2枚・料足300で,そのほか「屋作日公事」は地頭の催促に従うこととされており,社役・公役は大宮原が3分の1,中宮原が3分の2を勤仕し,秋には桑代の銭700文がかけられた。応永16年9月26日の阿蘇社領権大宮司方催促方田数坪付注文(同前)には,「一所二反〈庄分〉ふさく 大ミヤはら はう所」「一所三反〈庄分〉ふさく 中ミヤはら はう所」とあり,大宮原に2反,中宮原に3反の庄分の田地があったが,不作で亡所(百姓逃亡の所)となっていた。同年9月日の肥後湯浦郷阿蘇社役注文(同前)には,「湯裏之郷」の「庶子方之村」のなかに「一所大宮原一町一段」「一所中宮原二町二段」とあり,各々流鏑馬の時の的立て役1人,御田会の蠅追い1人,柱・梁などが宛て課されている。文安5年8月18日の阿蘇社造営木屋勤仕人数番定(同前)では,積安芸守知行の狩尾と大宮原から1人ずつ18番を勤仕させることに定められている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7454302
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ