ケータイ辞書JLogosロゴ 役犬原(中世)


熊本県>阿蘇町

 南北朝期から見える地名。阿蘇郡西郷のうち。建武3年3月11日の阿蘇社領郷村注文写(阿蘇文書/大日古13‐1)の下田常陸介沙汰分の1つに「一所 役犬原」とあるのが初見で,田数を欠くのは,当地が年貢負担地として編成され終わっていないためと考えられる。下って,正平19年12月日の阿蘇社領四面内并郷々闕所注文(同前)には,「一やくいぬはら これハこつかの五郎三郎給也」とあり,至徳2年8月7日の阿蘇社領郷々注文(同前)には「一所やくいぬはら三丁」として知行人に南郷代官今山兵部と「なかゝ」の代官五大夫の両名が知られる。当村の社役としては,応永9年卯月日の阿蘇社造営料木郷村支配注文案(同)によれば,「やくいぬはらの分」として材木5支が宛て課され,天文23年8月7日の阿蘇社造営料木郷々支配注文(同前)では,「やく犬原の分」として板2枚,垂木1本を進上している。なお,年月日未詳の阿蘇社年中神事次第写(同前/大日古13‐2)では12月の屋立の女房百日御籠の間の雑用の役のなかで,当村は籠屋を作るとされている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7454404
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ