ケータイ辞書JLogosロゴ 山田村(中世)


熊本県>阿蘇町

 鎌倉期に見える村名。阿蘇郡北郷のうち。元徳2年正月14日の阿蘇社造営料木第三箇度切符写(阿蘇文書/大日古13‐1)に「一 小野田 山田 上井手」とあるのが初見で,野椽10支・裏板20枚を勤仕している。元徳2年2月23日の阿蘇社造営料木注文写(同前)には「小野田・山田・上井手〈三ケ村分〉」見え,村として把握されている。建武3年3月11日の阿蘇社領郷村注文写(同前)には,渋河兵庫助沙汰分の北郷の1つに「一所十町 小野田〈下山田・北薗・河島方・上井手〉郷」とあり,小野田郷の一部として見えるが,これは当村の一部または全部が小野田郷として編成されたことを示す。しかし小野田郷は郷としての結合が弱かったとみられ,正平7年2月吉日の阿蘇社上葺等次第(同前)では「上井手」「小野田」「下山田」が並記され,至徳2年8月7日の阿蘇社領郷々注文(同前)では「一所,おのた・やまた・上井手 一けんふん内」と記載されており,また同注文には「一所しもやまた一丁五たん」と記載されており,その知行人として南郷代官「志ちうのひこ九郎」と「なかゝ」の代官「いまむら」の両名が知られる。応永9年卯月日の阿蘇社造営料木郷村支配注文案(同前)の場合も「おのた・やまた・かミゐてのかう分」として料木18支が宛て課されている。当村のほかの社役としては,詳細は不明であるが,年月日未詳の阿蘇社年中神事次第写(同前/大日古13‐2)によれば,朝の勤御祭の時の酒殿の戸口の役をあてられている。また文明4年8月25日の阿蘇山本堂造営棟別料足日記写(同前)によれば,当村は綾野・小蔵と合わせて家数200として把握され,棟別銭2貫文を進上している。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7454517
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ