ケータイ辞書JLogosロゴ 湯山村(近世)


熊本県>水上村

 江戸期〜明治22年の村名。球磨郡のうち。当村の成立は天和年間以降という(水上村史)。人吉藩領。村高は「旧高旧領」263石余。諸郷地竈万納物寄によれば,宝暦・明和年間頃の家数99うち寺社4・郷士49,安永3年改の人数493,享保2年改の反別は田11町余・畑7町余(斉藤氏所蔵文書/人吉藩の政治と生活)。寛政4年人吉藩を訪れた高山彦九郎は当地の市房山に登り,市房神社に参拝している(筑紫日記/高山彦九郎全集4)。なお市房神社は,大同年間の創建と伝え,湯山の別当寺である普門寺などとともに修験道の霊場であったと考えられる。人吉県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,戸数113・人口565,反別は田24町5反余・畑434町3反余,山林250町3反余。同14年イギリス人ジョージ・リウイスが当地において昆虫を採集し,帰国後そのなかの新種をネオカジラコンフラゴーザ(和名コブハナダカカメムシ)と命名,大英博物館に保管された。同22年市制町村制施行による湯山村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7454588
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ