ケータイ辞書JLogosロゴ 渡村(近世)


熊本県>球磨村

 江戸期〜明治22年の村名。球磨郡のうち。渡利村とも書いた。人吉藩領。村高は,「寛永郷帳」では295石余でほかに新田畑423石余,「正保郷帳」では「渡り村」と見え同高でうち田125石余・畠169石余,「天保郷帳」565石余,「旧高旧領」635石余。諸郷地竈万納物寄によれば,宝暦・明和年間頃の家数314うち諸奉公人30・寺社2・郷士31,安永3年改の人数1,691,享保3年改の反別は田37町余・畑50町余(斉藤氏所蔵文書/人吉藩の政治と生活)。寛文4年に球磨川の開削工事が完成し,舟運の便が開かれて以来,当村は城下人吉町の玄関口として交通の要衝となった。人吉県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,戸数349・人口1,884,牛300・馬60,田47町余・畑763町7反余・山林297町4反余。同22年市制町村制施行による渡村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7454696
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ