ケータイ辞書JLogosロゴ 池原村(近世)


大分県>荻町

江戸期〜明治8年の村名豊後国直入【なおいり】郡柏原【かしわばる】郷のうち橘木【たちばなぎ】川のつくる深い谷の南の台地上に位置する岡藩領柏原組に所属村位は下村高は「正保郷帳」21石余,すべて畑,「見稲簿」「天保郷帳」27石余,「旧高旧領」47石余柏原村大庄屋の支配を受けた(農民一揆)鎮守に足利直冬の子秀景を祭神とする橘木【たちばなき】神社この子孫と称する垣田【かきだ】氏が中世より勢力を持ち,江戸期には柏原組大庄屋を世襲文化8年の一揆に当村民も加担明治4年中山村ほか17か村とともに柏原村に合併現在の直入郡荻【おぎ】町大字柏原のうち
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7454910
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ