ケータイ辞書JLogosロゴ 姶良郷(近世)


鹿児島県>吾平町

 江戸期〜明治22年の郷名。大隅国肝属郡のうち。鹿児島藩直轄領。外城の1つ。麓・上名・下名の3か村から成り,野町があった。天保11年「姶良名勝誌」によれば,当郷は上古より町村・浅井村・荻原田村の3か村であったが,のち上名村・下名村の2か村となった。しかし,御用不便のため,延宝年中,町村は上名村に,浅井村は麓村に,荻原田村は下名村になったという。「薩藩政要録」では,地頭平田平次郎,郷士惣人数179,郷士人体91,所惣高7,044石余,郷士高741石余,寺高71石,用夫792,野町用夫41。「要用集」では,地頭和田助太夫,郷士総人数181,郷士人体102,所総高6,936石余,郷士高714石余,寺高72石余,用夫534,野町用夫32。明暦から寛文にかけて中新田溝・東新田溝・西新田溝などが造築され,上名村を水源とし,大用水路により下名村の末端まで水をひき,大々的な水田開発が行われた。労力の多くは西目【にしめ】(薩摩半島)に求めた。強制移住を人配【にんばい】と称し,近世を通じて行われ,郷内各地にその移住者が住みついた。郷内における門・屋敷の総数は延宝9年239。生活の苦しさに堪えかねて逃散するものが多く,門内の農民の異動は激しかった。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年再び鹿児島県に所属。同17年当郷3か村を統轄する戸長役場が麓村に置かれた。明治5年大根占【おおねじめ】郡治所,同12年大隅郡垂水【たるみず】郡役所,同20年肝属郡鹿屋郡役所の管轄となる。同22年姶良郷3か村は姶良村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461088
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ