ケータイ辞書JLogosロゴ 阿久根郷(近世)


鹿児島県>阿久根市

 江戸期〜明治22年の郷名。薩摩国出水郡のうち。鹿児島藩直轄領,外城の1つ。江戸初期は波留・赤瀬川・山下・西目・大川・鶴川内・多田の7か村(旧記雑録)であったが,元禄頃に多田村から折口村が分かれ以後8か村となる。地頭仮屋ははじめ山下村の阿久根城にあったが,元禄3年主要役人18戸とともに波留村小牟田に移転した。江戸初期の郷高は3,704石余(旧記雑録)。「旧記雑録」によれば,寛永13年の人口4,401,郷士数133。「島津藩分限帳」では,宝暦6年の郷士数215。「薩藩政要録」では,地頭島津縫殿,郷士惣人数531,郷士人体229,所惣高8,893石余,郷士高1,467石余・寺高3石余,用夫1,966・浦用夫293。「天保郷帳」では,阿久根村として4,278石余。「要用集」では,地頭島津求馬,郷士総人数559,郷士人体238,所総高8,783石余,郷士高1,613石余・寺高3石余,用夫2,079・浦用夫170。生業は農業を主に漁業,一部商業を営み,海運業も盛んであった。とくに海路は肥前,肥後間に開け,阿久根港―脇本―黒之瀬戸―松橋【まつばせ】(肥後)航路が最も利用された(阿久根市誌)。阿久根大島など4つの小島が点在する阿久根湾には,高松川河口に阿久根港・倉津港などの良港があり,古来浦町発展の基盤となっている。そのうち阿久根港は,明国からの帰化人河南源兵衛らが鹿児島藩御用商人として行った琉球貿易,および奄美大島の黒砂糖運搬の基地であった。この琉球貿易はのち唐物密貿易を生み,阿久根湾内の桑島(雌島)は河南一族の唐物密取引きの場となったと伝えられる。また安永元年漂着の明の密貿易船によって今日名産とされる阿久根文旦がもたらされた(阿久根市誌)。さらに大島(雄島)には,藩主島津光久自ら御用船の航海安全を祈って雌雄1対の鹿が放され,天明4年には金毘羅社が勧請された(三国名勝図会)。陸路では海岸線に沿って街道が南北に阿久根浦町を通っている。阿久根宿の宿継区間は,北は野田宿,南は西方宿まで,幕末になって西方宿との間に荷継ぎ宿の大川宿が置かれた。高松川流域の浜留村大丸新田は文政頃開田されたと思われ,その用水池として三日月北溜池が文化5年に完成している。さらに鶴川内村の東端長谷【ながたに】池は下流の桑原城・多田一帯の用水池として文化7年に完成。また,波留村高松川臼田取水井堰および用水路隧道は,安政3年完成の石碑を残す(県維新前土木史)。文政8年藩命をうけた郷士の小木原三楽らは,はじめて山下村に茶園経営を始める。また,周囲を水田に囲まれた隔丘【おかこし】の塩田は,北薩の名塩田であり,宝永7年塩釜大明神の石造神社を残している。江戸期の物産には,茶のほかに焼酒(酎)・一口・鰒魚・海・赤海松・漢種乳柑が有名で,これらは阿久根七名品とも呼ばれた(三国名勝図会)。焼酒に関しては,江戸初期日置【ひおき】郡折口から移住してきた折口重芳の創始と伝えられ,万治2年その祈願成就に寄進した石鳥居を南方神社前に残している。嘉永初年地頭仮屋の南側西安寺に郷士共立の私学修文館が創立,のち明治4年郷校となり,同9年阿久根小学校となる。明治4年鹿児島県に所属。同年の戸数2,562・人口1万910(地理纂考)。同5年出水郡5郷および薩摩郡内の高城【たき】・水引・東郷あわせて8か郷を管轄下とする郡治所が当郷に置かれ,同年の大小区制では,当郷内の村区域に基づき8小区に分けられる。同12年阿久根郡役所,同14年薩摩郡隈之城郡役所,同20年からは出水郡出水郡役所の管轄下となる。戸長役場は明治12年には当郷内に5か所,同15年には4か所置かれ,同17年には1か所に統合され旧仮屋跡に設置された(阿久根市誌)。「県地誌」によれば,戸数2,764・人口1万2,416,牛261・馬1,997,大小船170,公立小学校6,生徒数391(男379・女12),物産としては米・麦・粟・甘藷のほか,藍葉・茶・煙草・実綿・文旦・塩・黒砂糖・スルメ・ブリ・トコロテン・ワカメなど。職業構成は農業従事が大部分で,港浦町地区に商業・漁業専業が各数十戸あった。明治20年の小学校数8(阿久根市誌)。明治22年当郷8か村は阿久根村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461122
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ