ケータイ辞書JLogosロゴ 阿多(中世)


鹿児島県>金峰町

 室町期に見える地名。阿多郡のうち。鎌倉後期嘉元3年6月阿多郡南方地頭鮫島光家申状によれば,建久3年8月25日阿多郡地頭職を与えられた鮫島宗家は,後に同郡を二分して,北方を嫡子家高に,南方を宗景に譲った。この南方が阿多(郷)に当たる地であり,宗景の後はその子時景,時景の孫光家,その子家藤(蓮道)と代々南方地頭職を相伝して南北朝期に至った。家藤は南朝方の雄として島津氏と戦ったが,鮫島氏は室町初期には没落した。北方は家高の咎により,宝治元年10月25日関東下知状によって改易されて二階堂氏の所領となり,延慶2年1月6日二階堂行景後家忍照置文によれば,田布施郷・高橋郷の成立したことが知られるが,南方は鮫島氏が文書を残さなかった関係もあり,その所見史料はなく,古代の阿多郷は南方に埋没したままであった(阿多郡史料/県史料集)。室町初期応永24年11月2日島津久豊宛行状によれば,「一所阿多」「一所高橋」その外が伊作氏に与えられており(伊作譜/旧記雑録),この阿多は阿多郷に当たるものである。文明6年行脚僧雑録によって阿多郡内の所領を見ると,田布施に相州家島津運久,高橋に島津蔵人,阿多に桑波田右馬助とある(旧記雑録)。後に高橋・阿多も相州家の所領となった。文亀元年伊作領主島津忠良(日新)は,運久の継嗣となって阿多郡をも合わせ領し,三州統一の基礎を固めた。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461138
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ