ケータイ辞書JLogosロゴ 阿多郷(近世)


鹿児島県>金峰町

 江戸期〜明治22年の郷名。薩摩国阿多郡のうち。鹿児島藩直轄領。外城の1つ。宮崎(松田とも)・花瀬・白川・浦之名・新山・中津野の6か村から成る。阿多麓の花瀬村鶴ケ城跡に地頭仮屋が置かれていた(金峰町郷土史・三国名勝図会)。鹿児島から約42kmの地に当たる。最初の地頭は弟子丸越後守宗益入道紹閑である(諸郷地頭系図)。この麓に隣接する辺りに野町が置かれた。寛文4年の郷内総高は6,582石余(郡村高辻帳),安永7年の郷内総高4,043石余,郷士679,郷士人体225,用夫754(御治世要覧)。「薩藩政要録」では,地頭図師崎源兵衛,郷士惣人数831,郷士人体325,所惣高4,892石余,郷士高986石余,寺高34石余,用夫1,272,野町用夫19。嘉永4年の地頭平田直之進,郷士総人数771,郷士人体337,所総高4,896石余,郷士高591石余,寺高38石余,用夫1,143,野町用夫35(要用集)。「地理纂考」によれば,明治4年の総高4,839石余,戸数1,159・人口5,747,うち士族1,391・卒55・平民4,296。物産には,カモ・鶴・雁などの鳥類が多く(斉彬公史料),ほかに万之瀬川の鰻などがある(三国名勝図会)。寛政年間安留市兵衛が阿多張りキセルの製作を始めた(金峰町郷土史)といわれる。また,大工や桶結(たんこ),竹細工などの職人も多かった。明治4年鹿児島県に所属。同5年伊作郡治所管轄となる。その後6か村に戸長役場が設置され,戸長が任命された(金峰町郷土史)。同12年日置【ひおき】郡役所の管轄,同14年には川辺郡役所の管轄となった。翌15年宮崎・花瀬・白川の3か村と中津野・新山・浦之名の3か村に戸長各1人と改正された(県史)。同17年花瀬村に6か村統合の戸長役場が設置された。同20年日置郡役所の管轄下となる。明治19年河前で,同22年白川樋渡,浦之名で金鉱が発見された(金峰町郷土史)。同年阿多郷6か村は阿多村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461139
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ