ケータイ辞書JLogosロゴ 市木(近代)


鹿児島県>垂水市

 明治22年〜現在の大字名。はじめ垂水村,大正13年垂水町,昭和33年からは垂水市の大字。海岸沿いの元垂水は,農漁業が中心で,明治期〜大正期にかけてタバコやエンドウ類の園芸作物が栽培され,地内市木では米作のほかにミカン栽培が盛んとなった。昭和40年中央道路が開通したため,地内および野久妻方面への交通の便も良くなった。同45年,身体障害者施設として城山学園を設置。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461260
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ