ケータイ辞書JLogosロゴ 岩下(中世)


鹿児島県>樋脇町

南北朝期から見える地名薩摩国入来【いりき】院のうち延文5年2月9日の渋谷重名譲状に「一たん ゆわした」と見え,重名から道賢に譲られ,道賢は当地を応永2年8月3日の譲状で竹王丸に譲っている(入来文書)下って,長享年間頃の作成とみられる山之手手持分帳には,「岩下之門……定田数一町八反 与田三反」が見え,入来院氏の直轄在家として把握されている(同前)市比野川と入来川の合流点左岸地帯,樋脇町塔之原内の岩下尻に当たり,西隣地上之原の東麓地区である
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461342
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ