ケータイ辞書JLogosロゴ 歌丸(中世)


鹿児島県>輝北町

戦国期に見える地名大隅国小河院のうち天正17年8月10日の島津義弘寄進状に「大隅国百曳内歌丸之門田数合壱町五段,此内五段卅,仏神領堀町川成」と見え,当地の1町5反の田地がもとは大学寺殿の所領であったが,天正8年に島津義久の寄進により大興寺領となり,天正17年に島津義弘がそれを安堵したことがわかる(旧記雑録)曽於郡輝北町上百引の歌丸に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461371
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ