ケータイ辞書JLogosロゴ 内之浦郷(近世)


鹿児島県>内之浦町

 江戸期〜明治22年の郷名。肝属郡のうち。鹿児島藩直轄領。外城の1つ。近世の初め高山の支配を受けたが寛永17年北方村(小串村)・南方村(南浦村)・岸良村の3か村を以て内之浦郷となった。岸良村は明暦3年独立して岸良郷と称したが,寛文元年再び内之浦郷に併せられた(内之浦町史)。広瀬川河口付近に武士の住む麓があり,その中心に地頭仮屋が置かれていた。鹿児島から東南約70kmの地に当たる。天正の頃の地頭は薬丸弾正少輔兼将,寛永16年には平田豊前が噯役(後に郷士年寄と改める)の白坂大学坊篤辰・東郷五郎兵衛実防らとともに新しい郷の行政に当たった(吉井家文書)。岸良が独立した時の地頭は明暦3年9月に東郷藤兵衛重利,同4年伊東肥前が任命された。麓に隣接した浦町は南方村に属した。各村にはそれぞれ庄屋が任命されたが,岸良村は麓から遠いので射場【いば】の元と称する小麓を設け,郷士に屋敷を与え,庄屋とともに岸良村の行政に当たらせた。「天保郷帳」では郷内総高3,542石余。「薩藩政要録」では,地頭宮之原主膳,郷士惣人数99,郷士人体63,所惣高4,482石余,郷士高398石余,寺高2石,用夫403,浦用夫332。「要用集」では,地頭得能彦左衛門,郷士総人数235,郷士人体112,所総高4,497石余,郷士高322石余,寺高2石,用夫281,浦用夫311。「地理纂考」では郷内総高4,206石余,戸数642,人口2,909,うち士族586,卒男1,旧神官女2,平民2,320。「旧高旧領」では郷内総高4,465石余。当郷は漁業・海運の港としての役目が重く,浦用夫は当藩の命を受けて琉球および江戸航路に従事した。また浦町に津口番所を設け,藩に出入りする船舶について人および物資の移動状況を監視させた(内之浦町史)。物産としては鳥獣・薬草などがあるほか,特に海産物が豊富で,鯨・鯛・鰹・鮪・方頭魚などがあり,当郷東端の火崎は当藩有数の好漁場であった(三国名勝図会)。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年再び鹿児島県に所属。明治2年6月従来の諸役人を廃し,新たに常備隊と称する組織ができ,小隊長・分隊長などの諸役を置き,軍政並びに行政に当たらせたが,廃藩置県後はこの常備隊を解散し,同5年郷村行政組織の改正により諸郷に郡制が布かれ,当郷は志布志の郡治所の管轄となった。同6年鹿児島県庁第3支庁(垂水【たるみず】)の管轄,同7年には串良【くしら】区長事務扱所の管轄となり,同12年からは大隅郡役所の管轄となった。各村の戸長が共同で行政事務を執った所は旧地頭仮屋跡で戸長役場と称した(県史)。明治20年肝属郡役所の管轄となる。同22年内之浦郷3か村は内之浦村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461378
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ