ケータイ辞書JLogosロゴ 江内村(近世)


鹿児島県>高尾野町

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国出水【いずみ】郡出水郷のうち。なお,江戸初期は出水郷知識村に属し,元和頃には知識村から分かれた西目村に属し,享保19年からは西目村から分村して江内村となる。宝暦9年の検地では,高507石余,人口282・門数41(江内村検地竿次帳)。「旧高旧領」での村高は,1,191石余。海岸地先の干拓により村高が増加している。浦浜制度による浦には野口浦と尾之島浦があり,西目村との境である笠山には中世からの瀬崎野牧が藩営で置かれていた。文化3年の尾之島浦の規模は浦男女56人・38人立,野口浦(福之江浦と共同)は浦男女81人・48人立(列朝制度)。寛政元年の瀬崎野牧の馬は592匹と定められており(列朝制度),江戸期を通じて500頭余が放牧されていた。荒崎には浜番所と庄屋所があり,弘化2年の庄屋に前田源五兵衛,明治初年の浜番所役人に古賀祐八の名が見える(高尾野町郷土誌)。「県地誌」によれば総戸数401(士族16・平民381・社家4),人口1,862(士族70・平民1,792),牛31・馬157,舟39艘。物産には米・粟・麦・大豆・甘藷・蕎麦・葉煙草・実綿・麻・菜種・干鰮・乾魚などがある。明治22年下出水村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461413
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ