ケータイ辞書JLogosロゴ 大姶良郷(近世)


鹿児島県>鹿屋市

 江戸期〜明治22年の郷名。大隅国肝属【きもつき】郡のうち。鹿児島藩直轄領,一部私領。外城の1つ。南・西俣・野里・大姶良・獅子目・浜田・横山の7か村からなる。また「元禄郷帳」「天保郷帳」に見える小浜村は,「大隅国郷村石附帳」に「大姶良郷之内」とある。このうち,大姶良・獅子目・浜田・横山の4か村は,藩政当初より直轄地であったが,西俣村は寛永11年,野里村は鹿屋郷上名村などとともに享保9年再度垂水島津氏の遠領地となり,両村には庄屋が置かれ,役料として真米1石・赤米1石が与えられている(垂水市史)。さらに幕末には西俣村と南村は国家老鎌田正純の持切名(1,311石余)となっている(薩陽銘鑑)。また享保9年当郷の木谷(古江)村を,翌10年には野里村の一部を割いて白水村とし私領花岡郷が新設された。「薩藩政要録」では,地頭山田新介,郷士惣人数243,郷士人体126,所惣高7,487石余,郷士高465石余,寺高2石,用夫1,111。「要用集」では,地頭新納内蔵,郷士総人数233,郷士人体128,所総高7,487石余,郷士高486石余,寺社高2石,用夫761。「地理纂考」では,高7,476石余,戸数1,049,人口4,385うち士族1,001・卒8・平民3,366。地頭仮屋は大姶良村に置かれた。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年鹿児島県に所属。郡役所は,はじめ大隅郡垂水郡役所,明治20年からは鹿屋郡役所に所属。同22年当郷7か村は大姶良村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461426
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ