ケータイ辞書JLogosロゴ 大姶良(近代)


鹿児島県>鹿屋市

 明治22年〜昭和25年の大字名。はじめ大姶良村,昭和16年からは鹿屋市の大字。明治中期,麓・大姶良・永目小浜平原の3区長会が置かれた。大正7〜9年頃には,城内・向馬場・大宮田・西牟田・東・園田・宮下・永吉・瀬貫・平原・永目・小浜の12農事小組合があった。村治の中心は地内麓であったが,大正元年高須―姶良(現吾平町)―高山二本松間を結ぶ南隅中央道が竣工,同7年県道に移管され,麓は交通不便となり,役場・大姶良小学校・郵便局が,いずれも県道沿いの横山・田淵に移転した。昭和24年の世帯数478・人口2,262。同25年大姶良町・永小原町となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461429
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ