ケータイ辞書JLogosロゴ 大根占郷(近世)


鹿児島県>大根占町

 江戸期〜明治22年の郷名。大隅国大隅郡のうち。鹿児島藩直轄領,外城の1つ。なお,禰寝郷からの分郷とも伝える(三国名勝図会)。馬場(大根占)・城元(仮屋之)・神川の3か村からなる。地頭仮屋は城元村にあり,寛永3年初代地頭は町田権右衛門。「大根占名勝誌」では,享和3年の惣高は5,368石余。「薩藩政要録」では,地頭島津登,郷士惣人数341,郷士人体198,所惣高5,639石余,郷士高202石余・寺高2石,用夫1,155・浦用夫105。「要用集」では,地頭川上式部,郷士総人数331,郷士人体202,所総高5,699石余,郷士高223石・寺高2石,用夫896・浦用夫101。「地理纂考」では,高5,649石余,戸数849・人口3,614。物産としては木ろう・木綿・樟脳などがあるほか,馬牧も盛んで,砂鉄を原料とした製鉄も広く行われていた(大根占郷土誌)。また,両根占用水・鳥浜用水の開削後は,南部海岸沿いに広く水田が開ける。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年再び鹿児島県に所属。同20年からは南大隅郡のうち。明治5年地頭仮屋跡に大根占郡治所が設置され,当郷もその管轄となり,同6年からは鹿屋郡治所の管轄に移る。同12年大隅郡垂水【たるみず】郡役所,同20年肝属郡鹿屋郡役所の管轄下となる。戸長役場は明治12年城元・神川村に分設されたが,同17年からは城元に統一された。同22年当郷3か村は大根占村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461489
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ