ケータイ辞書JLogosロゴ 鹿籠郷(近世)


鹿児島県>枕崎市

 江戸期〜明治2年の郷名。薩摩国河辺郡のうち。はじめ鹿児島藩直轄領,慶長6年から喜入氏領,外城の1つ。もと鹿籠・喜入を領し,文禄検地の際の改易で永吉に移封された喜入氏は,慶長6年7代忠政のとき鹿籠に復領する。当郷は鹿籠村1か村からなる。なお,享保13年「大御支配次第帳」に「鹿籠村召立……此跡は椨川村里村別府村と三か村にて候処,此節鹿籠一か村に成」と見え,享保内検のときに1か村に統一されたものとも思われるが,「元禄郷帳」ではすでに鹿籠村1か村として見える。地頭仮屋は中央部の枕崎に置かれた。平元陸の記録である明和4年「鹿籠名数記」(伊集院文書)によれば,東部を別府村,北部を田布川村と呼んでおり,郷内惣高3,112石余,家中人体242,門屋敷数84(門61・屋敷23),神社仏閣93(神社53・堂28・寺院12),牧野1(領主放牧馬58・家中放牧馬130),枕崎・白沢両浦の船数170余,水主337。「薩藩政要録」では,喜入多門私領,家中士惣人数1,265,家中士人体322,所惣高3,130石余,家中高794石余,寺社高125石余,用夫1,082,浦用夫607。また,同書「宗門手札改」では,家来総人数2,615,百姓4,973,浦人2,018,足軽以下559,その他83。「要用集」では,喜入多門私領,家中総人数1,506,家中人体329,所総高3,130石余,家中高703石余,寺社高123石余,用夫1,318,浦用夫1,044。東シナ海に面している地形上浦が発達しており,南東端の白沢津浦,中央部の枕崎浦,花渡【けと】川河口西部の塩屋八ケ浦があった(薩藩政要録)。また,枕崎には「異国船遠見番所」が置かれていた(同前)。園見岳山麓には牧馬苑があり,その南部を流れる馬追川を苙【おろ】にして馬追いが行われた。北部の蔵多山南麓の金山では,天和3年以後金が採掘されたが,江戸後期には不振のため休山。このほか物産としては鰹・九万引・鯖・鯛・腹白などの魚介類が多い(三国名勝図会)。なお,当地のカツオ漁は,宝永のころ紀州の森弥兵衛が来てカツオ節の製法を伝えたのち急速に発達したという。明治2年当郷は久志秋目・坊泊両郷と合併して南方郷を編成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461575
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ