ケータイ辞書JLogosロゴ 柏原保(中世)


鹿児島県>東串良町

鎌倉期〜南北朝期に見える保名大隅国のうち柏原別符とも見える建仁3年11月10日および同4年正月18日,島津荘政所は下文を発し「前地頭忠久押領所弁済使得分米」を京都へ運上するよう命じているが,その7か所の1所として「柏原別符」と見える(神田橋氏文書/旧記雑録)その後,正平14年4月19日には島津氏久が「柏原保〈東方〉」を兵粮䉼所として野崎太郎左衛門尉に預け置いており(肝付半兵衛兼屋文書/同前),同年11月15日には「大隅国小原別符西方地頭分・柏原東方〈原田将監跡〉,日向国救仁院内野与倉茶(条カ)」を同じく得丸左近将監に宛行っている(氏久公御譜中/同前)中世柏原の範囲は未詳その中核部分は江戸期には川東村となったが,「元禄郷帳」「天保郷帳」「三国名勝図会」などは川東村とせず,柏原村としているまた「三国名勝図会」柏原村新熊野三所権現社の項には「新熊野三所権現社 柏原村,川東柏原浦にあり,神体鏡一面,裏に大永四年甲申四月十日,柏原新熊野権現願主伴兼興と記せり」とある
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461606
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ