ケータイ辞書JLogosロゴ 鹿屋郷(近世)


鹿児島県>鹿屋市

 江戸期〜明治22年の郷名。大隅国肝属【きもつき】郡のうち。鹿児島藩直轄領。外城の1つ。はじめ大部分が新城島津氏の私領であったが,正保2年から直轄領となり,初代地頭は福屋伊賀。「薩藩政要録」によれば,上名・中名・下名・南高洲・北高洲の5か村,「三国名勝図会」では大窪・中之・田崎本村・高洲の4か村からなる。「鹿屋名勝志」には,中名は「右先年者中三村と相唱候由申伝候,何年簡より当分の中名村に相成候儀前条同断相知不申候」とあり,上名は大久保村,下名村は古くは田崎大園村(田崎方限)と田崎本村(川西方限)からなり,さらに両村の一部を割いて川東方限と呼んでいるとあり,上名村を大窪(大久保)村,中名村を中之村とも称した。また「元禄郷帳」「天保郷帳」に見える大園村は,「大隅国郷村石附帳」には「鹿屋郷之内」とある。明治13年の「鹿児島県史政治部県治」には「大隅国肝属郡上名村ヲ祓川村,下名村ヲ田崎村ト改称ス」(甲第197号)とある。地頭仮屋は中名村の古世城(古前城),野町(現本町)も同村麓の南側に置かれた。「薩藩政要録」によれば,地頭小松式部,郷士惣人数359,郷士人体185,所惣高9,825石余,郷士高1,711石余,用夫1,356,野町用夫76,浦用夫182。「要用集」では,地頭吉松仲,郷士総人数347,郷士人体185,所総高9,830石余,郷士高1,964石余,用夫1,190,野町用夫72,浦用夫127。「地理纂考」では,戸数1,591・人口6,635。慶長2年領主となった島津久信は,同16年上名村内木場門に隠居し,隠居高は1,800石であった。享保9年上名村は再度垂水島津氏の遠地領として庄屋が置かれ,真米8斗3升・赤米8斗3升・粟1石6斗8升が給された。高洲村は当郷の飛地で海の玄関口にあたり,藩の上納米を受け取る蔵屋敷が置かれ,大隅中部の鹿屋・新城花岡・大姶良・吾平・高山・串良・高隈・百引の諸郷の上納米の枡取りが行われ,明治の初めまで製俵し鹿児島へ搬出したぞへいそ(常平倉か)も存在した。文化8年には浦町となり労浦の賑恤のため市立てが許可され,また地頭入部の出迎えなどの時は,高須が必ず寄港地となっていた。鹿児島・川内とともに藩の三市の1つと言われた「鹿屋市」は,地頭仮屋下にあり,4・8の日に市立てし,鹿屋は下大隅の「交易の会所」であった(三国名勝図会)。文化6年の「伊能忠敬測量日記」に「鹿屋郷中ノ村字笠野原野町迄測(1里35丁18間),止宿町人木下屋長吉」と見える木下屋は鹿児島藩御用酒桜川を醸造していた。笠野原台地の開発は,宝永元年伊集院苗代川から移住してきた人々によって始められ,さらに天明年間からは垂水堀・矢柄堀・鎌田堀など堀の付く集落が成立した。幕末には6,000町歩の3分の1が開発され,約30の集落が形成された。堀は島津一門,城下士,周辺の上級郷士によって開発された抱地で,多くの作人が入植した。作人は周辺の低地や西目から入った農民・郷士たちで,台央部の堀などはほとんど西目から「人配」された人々であった。高牧野は藩政時代の馬産牧場で文政9年には247疋がおり,近隣の9郷から郷士が串目立され,15疋が取駒されている(政要録)。当郷の惣鎮守は七狩長田貫神社で,永正元年の再興の棟札が残る。神社明細帳によると,田崎村村社は鎮守神社(船隈屋敷),祓川村社瀬戸山神社,高須村社波ノ上神社とある。菩提所は曹洞宗安養寺で,祈願所は真言宗医王院富岡寺であった。ほかに五代寺・神宮寺・光明院・蓮台寺があったがいずれも排仏毀釈で廃された(三州の地理歴史的沿革)。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年鹿児島県に所属。明治17年郷内4か村の戸長は1人が兼務し,鹿屋村と称している。郡役所は,はじめ大隅郡垂水郡役所に属し,明治20年からは肝属郡・南大隅郡・南諸県郡の3郡を管轄する郡役所が中名村に置かれた。同22年当郷4か村は鹿屋村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461627
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ