ケータイ辞書JLogosロゴ 上久徳村(近世)


鹿児島県>蒲生町

 江戸期〜明治22年の村名。大隅国始羅郡蒲生郷のうち。寛文4年「郡村高辻帳」および「元禄郷帳」「天保郷帳」「三国名勝図会」では久徳村と見え,「薩藩政要録」「旧高旧領」では上久徳村・下久徳村に分村して見える。安永7年「三州御治世要覧」によれば,延宝4年に分村したという。村高は「三州御治世要覧」では1,295石余,「旧高旧領」では1,253石余。嘉永6年の百姓数115,安政5年の門数21(蒲生郷土誌)。当村には野町があり,野町用夫は「三州御治世要覧」では316,「要用集」では84。嘉永6年の麓居宅図によれば,現在の町下の地域にあたり,町通りの両側に52戸の町家が並んでいた。明治3年の野町の家部数23・戸数58・人口333(蒲生郷土誌)。同年7月晦日に大火があり,41家内76軒を焼失した。このときに野町名頭から郡見廻あてに披露書を提出している(原田直哉覚書)。野町は明治期に入り,蒲生町となった。明治11年の人口は2,280(蒲生郷土誌)。明治14年「姶良桑原囎唹郡役所管内一覧」による戸数・人口は,上久徳村527戸(うち士族425・平民102),2,369人(うち士族1,880・平民489),蒲生町は士族はなく,平民63戸・323人。正八幡若宮は保安4年に蒲生舜清が建立したもので,蒲生氏に代わった島津氏も篤くこれを敬い,社殿を再興したほか多くの寄進も行っており,宗廟として郷民の尊崇をあつめた。寺院には,明徳年間に蒲生清寛が開基した曹洞宗永興寺,正徳4年建立の天台宗仙霞寺,明徳年間に開基した臨済宗法寿寺があった(三国名勝図会)。明治2年創始の進修館は,同3年に外城第19郷校と改称し,さらに同9年5月校舎を改築して蒲生小学校を開設。なお,同14年に創立された川東地区の旭小学校は同42年に廃校となった(蒲生郷土誌)。明治22年蒲生村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461647
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ