ケータイ辞書JLogosロゴ かりあつまり(中世)


鹿児島県>樋脇町

南北朝期〜室町期に見える地名薩摩国入来【いりき】院のうち延文5年8月4日付渋谷重名譲状案に「二所 二たん かりあつまり」と見える同譲状は重名の孫,竹鶴丸に与えられたものであり,年未詳の渋谷竹鶴丸知行分坪付注文には「一所 かりあつまり 一段中」と見える(入来文書)また,応永2年8月3日の渋谷道賢譲状では,竹王丸(諸重)に「一所 かりあつまり 二反」が譲られているが,両者の関係は不明樋脇町塔之原の字狩集に比定される同所は市比野川が入来川と合流する地点の左岸沖積平地部から南部丘陵へ続く地帯であって,地名は中世領主が狩猟を催す時に家臣らの集合所であったところに由来する
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461709
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ