ケータイ辞書JLogosロゴ 河田(中世)


鹿児島県>郡山町

 鎌倉期から見える地名。薩摩国満家【みついえ】院のうち。河田村・河田名ともいう。天福元年10月2日の僧智弘・僧実範・紀道房連署契約状に「満家院内比志嶋・西俣・城前田・上原薗〈但八郎入道屋敷也〉……河田村」と見える(比志島文書/旧記雑録)。この比志島・西俣・河田・城前田・上原園の5か所には何人かのものが権利を有していたようであるが,比志島氏の祖である上総法橋房(栄尊)が寛元2年12月11日に当知行安堵の関東御教書を下されている(同前)。また,寛元5年3月11日には本主である母比丘尼菩薩房が先の関東御教書の旨にそって5か所の名主職を栄尊に譲り与え(同前),宝治元年8月11日には満家院預所・地頭である守護島津忠時は同職を安堵している(同前)。建長5年7月10日には栄尊は譲状を作成して嫡子比志島佐範に比志島・河田・西俣・城前田・上原園の5か所の惣領職を譲り渡し,他の子息は各名の代官としている。河田名代官は宮次郎(三男盛資),西俣名代官は弥三郎守忠,城前田・河田内孫江田元明屋敷代官は乙次郎である(同前)。この譲状は正嘉元年8月22日の預所・地頭島津忠時安堵状によって安堵される(同前)。文永11年の蒙古襲来の後,鎌倉幕府は防備のため,西国御家人に石築地役を課すが,建治3年正月27日には比志島佐範にも比志島・西俣・河田・前田の4名分,5丈1尺4寸の築地役が命じられている(同前)。また,弘安の役には河田代官の盛資は兄祐範とともに参陣している。弘安7年11月19日には佐範は出家して比志島・西俣以下5名の名主職を孫の彦三郎に譲与しているが,正応4年5月27日の鎮西奉行連署奉書によれば,比志島・西俣以下の村々は比志島孫太郎忠範が知行しており,当時,吉原俊平と知行をめぐって相論が行われていたことが見える(同前)。吉原氏は加治木氏の一族で本姓は大蔵氏で,満家院院司大蔵氏とも同族と思われ,院司大蔵幸満の没官以前には院内に所領を有したのであろう。この相論は比志島氏の勝利に終わったようであるが,その後は,一族内で,所従や所領などをめぐって相論が多発している。当河田もその例外ではなく正和2年11月21日の源氏女氏義行和与状によれば,河田名田の柿本田1町並びに園1所に関して比志島忠範と河田盛資の子河田右衛門太郎佐清に関係のある源氏女が相論し,和与している(同前)。また,嘉暦3年7月日の比志島義範申状によれば,義範は庶子の河田入道道教が負担すべき米銭を出していないと鎮西探題に訴えているが,南北朝期の動乱の中では,惣領比志島氏と一体となって守護島津氏に属し奮戦している(同前)。貞和4年11月16日の島津道鑑軍勢催促状によれば,守護道鑑(貞久)は比志島孫太郎・西俣弥平三・河田助太郎に楡井頼仲退治のため出陣するように命じている(同前)。応永20年からの島津久豊対伊集院頼久の6年にわたる争乱においても川田氏は比志島氏とともに終始守護久豊を助けた(義天公御譜中/旧記雑録)。文明17年2月11日,島津忠廉は守護忠昌に叛き忠昌の部将川田飛騨守立昌を川田城に包囲し,救援におもむいた忠昌の家老村田肥前守経安の軍を由須木の上之原に破り,なおも烈しく城を攻めたが遂に落とすことができなかった(島津国史)。川田城は川田氏初代盛佐から11代義朗に至る川田氏の拠城であり,現在郡山町川田の字城【じよう】に城跡が残る。東に川田川をめぐらし,大小5郭に分かれ本丸跡と考えられる所は60〜70aほどで城の東端にあって畑地となっており,他は雑木山である。城跡の北側に東西に走る空濠,西側に南北に走る空濠がある。城の川向かいに大川寺跡があり大永以降の川田氏の墓塔が並ぶ。ほぼ中央に川田義朗の墓があり,墓地の横に義朗を祀る川田神社,その上方に諏訪神社がある。川田は島津義久の軍師として有名な駿河守義朗が他郷の地頭として移されてから川田氏との支配関係はなくなり,島津氏の直轄地となった。なお川田堂園には川田氏の供養塔群があり,永仁5年に川田氏の祖盛佐が父栄尊のために献じた角石塔婆,栄尊の五男辺牟木義隆の供養塔の他,巨大な五輪塔・宝篋印塔などがある(郡山郷土史)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461746
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ