ケータイ辞書JLogosロゴ 川西(近代)


鹿児島県>東串良町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ東串良村,昭和7年からは東串良町の大字。明治25年別府原に安祥寺が開かれた。西本願寺に属し,東串良・西串良に門徒が多い。明治末期から大正初期にかけて耕地整理が行われた。串良川・肝属川両川とも改修前は蛇行が多く,特に地内においてははなはだしかった。そのため毎年のように洪水に見舞われた。大正3年桜島が噴火し降灰が上流地に厚く堆積し,雨ごとに串良川を流下,河床面に堆積し,洪水時には一層河水が氾濫し沿岸水田180haが埋没した。このため急速に河川改修が始まり,昭和5年に改修工事を完了した。一方肝属川はその蛇行の規模・密度が串良川よりさらに大きく,その洪水の害は非常に大きかった。昭和12年から国の直轄河川として改修が進められたが,同13年に未曽有の大水害が起こり堤防の大増築,蛇行部分の直線化が徹底的に行われ,同25年一応の改修工事を完了。この結果,水害の難からすっかり脱却することができるようになった。明治22年以来行政の中心となり,地内の別府原に役場がおかれ現在に至っている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461761
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ