ケータイ辞書JLogosロゴ 上名村(近世)


鹿児島県>姶良町

 江戸期〜明治22年の村名。大隅国始羅郡山田郷のうち。山田村が当村と下名村に分村して成立。なお「三国名勝図会」には山田村上名と見える。村高は,安永7年の「三州御治世要覧」では1,007石余,「旧高旧領」では676石余。明治14年の「姶良桑原囎唹郡役所管内一覧」によれば,田畑反別134町歩余,戸数158・人口777,うち士族90戸・430人,平民68戸・347人。鈴木三郎政氏が勧請したという黒島大明神社があり,別当寺を曹洞宗玉城山祥福寺陽春院といった。玉城山は鎮西八郎為朝の居城との伝承もあり,為朝城ともいう。戦国期末には河越重博や梅北国兼も居城とした。城に関した本丸・二の丸・三の丸・野頸・一の瀬戸・二の瀬戸・三の瀬戸・大手門などの地名が残る。江戸期には,淵上・瀬戸口・福元・中村・水流・蔵敷・外園・榎田・水口・永清・堂前・比良・長坪・徳重・上之原・斜木・森木・宮園・片平・下水流・西ノ・上田中・上ノ・小原・中野・内村・大戸・橋西・中西・鳥越・山之口・岩下・前迫・今村・石峯・平原・田中の37門と,池平・岩元・大迫の3屋敷があった(姶良町郷土誌)。明治22年山田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461781
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ