ケータイ辞書JLogosロゴ 喜入郷(近世)


鹿児島県>喜入町

 江戸期〜明治22年の郷名。薩摩国給黎郡のうち。鹿児島藩肝付氏領,外城の1つ。江戸初期は,上村(上名・上之村ともいう)・下村(下名・下之村ともいう)の2か村からなる。元和元年下村から生見村が分村。寛永末年頃上村から瀬々串村が分村。享保7年には瀬々串・中名・前之浜・生見の4か村からなる。のち,宮坂村ができ,江戸中・後期に当郷は瀬々串・中名・前之浜・宮坂・生見の5か村からなり,各村ごとに庄屋が置かれた(喜入町郷土誌)。ただし,「元禄郷帳」「薩藩政要録」等々,当郷は上・下2か村と把握される場合が多い。地頭仮屋は上之村給黎城南麓に置かれたが,承応2年同村琵琶山南麓に移転され,同時に家中士も移住した。このため,給黎城下を旧麓という。元禄2年の郷高4,036石余,うち家中士高881石余(喜入肝付家文書)。「薩藩政要録」では,肝付典膳私領,家中士惣人数997,家中士人体286,所惣高4,183石余,家中高1,051石余,寺高110石余,用夫1,306,浦用夫98。また,同書「宗門手札改」では,家来総人数1,786,百姓4,899,浦浜人176,足軽以下456,その他37。「要用集」では,肝付主殿私領,家中士総人数898,家中士人体278,所総高4,183石余,家中高988石余,寺高111石余,用夫1,512,浦用夫115。中央部に喜入浦がある。また,海岸沿いの往還は砂状のためやわらかく,「喜入の浜は一里行ば一里踏戻るとの諺あり」といわれ,上村には周囲1里半の牧馬苑があり,80頭余の馬が放牧されていた。物産には,蛎殻をくだいて作る白灰,塩・煙草のほか,海苔類・桐・樟・薪・野猪・魚介類などがあった(三国名勝図会)。明治2年常備隊設置に伴い,5か村を統合して当郷は上村・下村の2か村となる(県地誌)。明治4年鹿児島県に所属。同年指宿郡治所(のち山川郡治所)の管轄下となる。のち,第13大区などを経て同12年からは給黎郡知覧郡役所の管轄下となる。明治11年上村が瀬々串・中名の2か村,下村が前之浜・生見の2か村にそれぞれ分村し,当郷は4か村となる。戸長は各村ごとに置かれ,連合戸長役場が中名村に設置された。「地理纂考」によれば,高4,276石余,戸数1,849,人口8,276(士族1,719・卒族262・平民6,295)。「県地誌」では,戸数1,982,人口9,362(士族2,127・平民7,235)。明治22年当郷4か村は喜入村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461789
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ