ケータイ辞書JLogosロゴ くきの宇都(中世)


鹿児島県>吉田町

戦国期に見える地名大隅国吉田院のうち「山本氏日記」弘治元年5月27日条に「此晩吉田之くきのうとニかけのふし候へ共,何事なし」,同前8月11日条に「十一夜吉田之くきの宇都ニさくかりニ敵参候ヲ,耳聞衆聞付候て,敵壱人打捕候」とあって,蒲生合戦の野戦の地の1つであった(旧記雑録)吉田町東佐多浦か,同町西佐多浦のいずれかのうちに比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461859
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ