ケータイ辞書JLogosロゴ 久住村(近世)


鹿児島県>川内市

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩郡樋脇郷(延宝9年まで清敷郷と呼称)のうち。なお,明治2年からは同郡平佐郷のうち。万治2年以降樋脇郷は鹿児島藩直轄領となるが,当村と中村・楠元村の3か村は平佐郷を領した北郷氏の持切名で,のち明治2年平佐郷に編入される。村高は,「天保郷帳」206石余,「旧高旧領」150石余。文久元年の家中士22人(上原文書/川内市史古文書編)。庄屋には,万治2年押川市右衛門,寛文9年奥野大蔵などの名が見える(川内市史)。庄屋所は川内川沿いの里に置かれた。南部の岩川には,寛政9年に開発された岩川溜池があり,15町余の耕地を灌漑した(川内市史)。神社には,天神社がある(三国名勝図会)。「県地誌」によれば,戸数52・人口210(士族89・平民121),牛39・馬27,小学校は南部にあり生徒数男22,物産としては米・麦・裸麦・粟・甘藷・煙草・茶など。明治22年平佐村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461877
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ