ケータイ辞書JLogosロゴ 串良郷(近世)


鹿児島県>串良町

 江戸期〜明治22年の郷名。大隅国肝属郡のうち。鹿児島藩直轄領。外城の1つ。なお,「三国名勝図会」によれば,明暦2年当郷から高隈郷を割いたとある。細山田・上小原・下小原・有里・岡崎・岩弘・池之原・川東・新川西・川西の10か村からなる。近世初頭,麓が鶴亀城の下につくられ,御仮屋を中心として,馬場・士族屋敷などが設けられた。「薩藩政要録」では,地頭二階堂伊豆,郷士総人数429,郷士人体209,所惣高1万8,023石余,郷士高873石余,寺高7石余,用夫2,071,野町用夫32,浦用夫328。「要用集」では,郷士総人数457,郷士人体213,所総高1万8,026石余,郷士高907石余,寺高7石余,用夫1,556,野町用夫33,浦用夫128。「地理纂考」では,高1万6,606石余,人口8,591。「旧高旧領」では高1万6,588石余。寛文4年に串良川の水を岩弘からひく串良用水,細山田から有里,岡崎に通ずる有里用水が開かれ,また安永2年に下小原池,ほかに中山池も造られ,当郷南部の大沖積平野は次々と開田された。しかし,この開田のための労力およびその後の耕作労力は,人口稀薄な大隅方面では調達できず,西目【にしめ】(薩摩半島)方面に求められた。当郷内には西目からの移住者集落が起こり,また在来人との混住集落が多く見られるようになった。藩による強制移住は人配と称された。一方,北部の台地は地下水がきわめて深く,ながく自然のままに放置されたところであるが,近世中頃から漸次開発が進められた。天明の大飢饉後には,甑島【こしきじま】から士族47家族を移して富ケ尾【とびがお】が成立し,その後次々と藩および麓の高級郷士によって「堀」と称される村落が数多く成り立ち,住民の大部分は西目からの移住者であった。最北の花岡堀・鎌田堀・伊集院堀などは井戸の深さが50〜70mぐらいあり,牛力によって水汲みを行った。東部は砂丘地帯であるが肝属川の河口に中世より柏原が港として発達し,藩の要港として活動した。唐仁町も浦町として商業が盛んであった。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年鹿児島県に所属。郡役所所轄は多くの変遷後,明治20年肝属郡役所の管轄となる。同22年細山田・有里・岡崎・下小原・上小原の5か村は西串良村,岩弘・池之原・川東・新川西・川西の5か村は東串良村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461882
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ