ケータイ辞書JLogosロゴ 求名村(近世)


鹿児島県>薩摩町

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国伊佐郡宮之城郷のうち(飛地)。天正8年島津歳久祁答【けどう】院への移封のときの領地12か村の内に当村も含まれる(島津国史)。文禄4年北郷時久が都城から祁答院に移封された際の所領の内にも当村が見え,坪内1,400石余とある(御秘文雑集)。なお,北郷時久が宮之城五段田に商家を集め2町場を形成しようとしたときに,「求名の子捨」からも集めたと見える(祁答院記)。享保2年頃の「宮之城記」によれば,村高1,973石余,人数1,033。また,村高は「天保郷帳」では1,426石余,「旧高旧領」では2,384石余。神社には,白山権現社,箭武佐大明神社,山神祠がある(三国名勝図会)。「県地誌」によれば,戸数432・人口1,924(士族870・平民1,054),牛417・馬714,用水1(全長30町の御倉原溝),用水池1(東部にある植村池),小学校は南部にあり生徒数男147・女153,物産としては米・麦・蕎麦・甘藷・粟・大豆・実綿・麻・茶・葉煙草・楮皮など。明治22年宮之城村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461918
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ