ケータイ辞書JLogosロゴ 黒木郷(近世)


鹿児島県>祁答院町

 江戸期〜明治22年の郷名。薩摩国伊佐郡のうち。はじめ,鹿児島藩北郷氏領,慶長5年宮之城島津氏領,同9年日置【ひおき】島津氏領,同19年再び宮之城島津氏領,寛永11年からは豊州島津氏領,外城の1つ。寛永11年の領主は島津久賀。当郷は,黒木村の1か村からなる。領主仮屋は西部に置かれ周囲に郷士が集住し麓を形成。「薩藩政要録」では,島津丹波私領,家中士惣人数420,家中士人体123,所惣高1,720石余,家中高245石,寺社高55石,用夫74。また,同書「宗門手札改」では,家来総人数782,百姓418,足軽以下88,その他29。「要用集」では,島津豊後私領,家中士総人数752,家中士人体409,所総高1,714石余,家中高299石,寺社高56,用夫105。物産として香蕈・茯苓・爪蔞実・杉・樟・黄櫨・楮・山鶏・雉・鶉・野猪などがある(三国名勝図会)。幕末の領主島津久宝は藩の家老職として藩政で活躍,また,島津斉彬と弟久光との継嗣争いにも関与した(祁答院黒木郷史)。明治2年領主島津久典は領地を藩に返上,当郷は藩直轄領となる。明治4年鹿児島県に所属。同20年からは南伊佐郡のうち。明治4年伊佐郡治所の管轄下となる。のち,大区小区制などを経て,同12年宮之城郡役所,同14年からは隈之城郡役所の管轄下となる。「地理纂考」によれば,高1,540石余,戸数221・人口917(士族545・卒37・平民335)。明治22年当郷1か村は黒木村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7461942
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ