ケータイ辞書JLogosロゴ 郡山郷(近世)


鹿児島県>郡山町

 江戸期〜明治22年の郷名。薩摩国日置郡のうち。はじめ鹿児島藩平田増宗氏領。慶長15年からは鹿児島藩直轄領。外城のひとつ。郡山・西俣・油須木・東俣・川田・厚地の6か村より成る(郡山郷土史)。慶長15年領主平田増宗が暗殺され,以後藩直轄領となった。地頭は慶安年間藤原信充,貞享年間島津市左衛門,宝永・正徳の頃に上村行隆・島津助之丞。貞享年間の郷内総高5,667石余(郡山郷土史)。「薩藩政要録」では,地頭野崎良右衛門,郷士惣人数708,郷士人体283,所惣高5,633石余,郷士高624石余,寺高2石,用夫955。嘉永4年の地頭郷原転,郷士総人数955,郷士人体378,所総高5,684石余,郷士高638石余,寺高2石,用夫534(要用集)。「郡山郷土史」によれば,明治初年5,680石余,うち藩の御蔵入高1,427石余,郷士高ほぼ580石余,ほかは城下士の給地高,抱地高(開墾地)。「地理纂考」によれば明治4年は5,695石余,戸数1,058,人口4,535。物産としては,郡山箸といわれる木箸,西俣村で作られる飯匙がある(三国名勝図会)。明治4年鹿児島県に所属。同5年市来郡治所管轄,のち県庁直轄となった。同12年郡山・西俣・厚地・東俣・川田に戸長役場が置かれ,油須木は川田の戸長役場の管下。同15年東俣・郡山に戸長役場を設置,3か村ずつ分担した。同22年郡山郷6か村は郡山村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462023
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ