ケータイ辞書JLogosロゴ 甑(中世)


鹿児島県>姶良町

 鎌倉期に見える地名。大隅国帖佐郷のうち。建治2年8月日付の大隅国在庁石築地役配符に,帖佐西郷の寺田の1所として「最勝寺領甑二丁〈二尺〉留守刑部左衛門尉真用」とある(調所氏譜祐恒伝/旧記雑録)。その後史料に見えないが,のちに平山氏の庶流甑越後守武秀の一流が,9代にわたって領有したという(姶良町郷土誌)。弘治元年の「山本氏日記」には,こしきうら・甑浦などと記されている(旧記雑録)。近世初頭の甑村とほぼ同域であろう。現在の姶良【あいら】町北山の小字の甑付近に比定される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462047
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ