ケータイ辞書JLogosロゴ 佐多郷(近世)


鹿児島県>佐多町

 江戸期〜明治22年の郷名。大隅国大隅郡のうち。鹿児島藩直轄領,外城の1つ。なお,禰寝郷からの分郷とも伝える(三国名勝図会)。伊座敷・辺塚・馬籠(山崎)・郡の4か村からなり,伊座敷村に地頭仮屋があった。「薩藩政要録」では,地頭調所笑左衛門,郷士惣人数264,郷士人体181,所惣高3,554石余,郷士高87石余・寺高2石,用夫836・浦用夫399。「要用集」では,地頭川上龍衛,郷士総人数295,郷士人体184,所総高3,823石余,郷士高91石余・寺高2石,用夫720・浦用夫491。「三国名勝図会」によれば,京橘・こんちゃい木・金柑などの果実類,蘇鉄・蒲葵などの樹木類のほか,魚介類など多数の物産が見られる。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年再び鹿児島県に所属。同20年からは南大隅郡のうち。明治5年大根占【おおねじめ】郡治所の管轄となる。郡役所所轄は多くの変遷後,明治20年肝属郡鹿屋【かのや】郡役所の管轄下となる。戸長役場は伊座敷村に設置されていた。明治22年当郷4か村は佐多村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462139
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ