ケータイ辞書JLogosロゴ 志天利(古代)


鹿児島県>大根占町

平安末期に見える地名大隅国禰寝【ねじめ】院南俣のうち治暦5年正月29日付の藤原頼光所領配分帳案に権大掾頼貞宛給分として「禰寝院内参村,田代,志天利,佐多,在坪付抄帳」とある次いで,天養2年3月12日付の前大隅掾建部頼清から清貞への処分状に「禰寝南俣院 作志木 志天利 四至〈限北国見郷 限西開聞 限東カハイラ山尾 限南大河〉」とある(禰寝文書)下って嘉元3年3月15日付の藤原胤義と建部清政との禰寝院北俣郡本村弁済使職并田園在家等別分状には「志天利殿薗」と見えるが(志々目家文書),志天利殿とは当地に関係する人物であろう根占町川北の古殿から大根占【おおねじめ】町馬場の山之口にわたる一帯に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462215
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ