ケータイ辞書JLogosロゴ 地頭所村(近世)


鹿児島県>加世田市

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国河辺【かわなべ】郡加世田郷のうち。村高は「天保郷帳」では323石余,「旧高旧領」では342石余。万之瀬川が当村と阿多郡宮崎村との境界を西流する。また村の用水として新田溝がある。「県地誌」によると,戸数66,人口300,うち士族57・平民243,牛7・馬39。村の西南に大坊山があり,その頂上に大坊神社があった。また北に村社淡島神社があり,祭神は少名彦命。物産は米・麦のほか粟・蕎麦・大豆・甘藷・麻・葉煙草など,男女とも農業を生業とした。明治22年加世田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462217
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ