ケータイ辞書JLogosロゴ しはひき(中世)


鹿児島県>高尾野町

 室町期から見える地名。薩摩国山門【やまと】院のうち。文安6年2月9日付の平家教から亀太郎丸への譲状に「一又くきさこ二町 しはひき一町二反 くはうよりあつかりて候,かさねての御おんの事ハ御心さしによるへく候」とある(市来崎文書/旧記雑録)。平家教は山門院郡司の系統であり,総州家へ最後まで忠節を尽くし,総州家滅亡後も高尾野にとどまった。しはひきは高尾野町大字柴引で,同地内の小字柴引は紫尾神社の祭礼に柴を引く地と伝える。また,柴引地内の小永田の地名は,山門院内・高尾野内「小長田」として南北朝期から散見される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462226
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ