ケータイ辞書JLogosロゴ 柴引村(近世)


鹿児島県>高尾野町

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国出水郡高尾野郷のうち。村高は「旧高旧領」では1,467石余。唐笠木の紫尾神社から馬場添いに郷士集落(麓)が形成され,地頭仮屋もここにあった。延享2年の郷士高980石,郷士人体270(淵上家文書)。庄屋所は東接する大久保村と共用で大久保村にあり,天保2年の庄屋には,大久保村庄屋兼帯の八田利右衛門の名が見える(高尾野町郷土誌)。また,同年の当村の門数は23(高尾野生子証文帳)。寺社には,真言宗福性院,曹洞宗洞亀寺,紫尾権現社がある(三国名勝図会)。「県地誌」によると総戸数230(士族133・平民91・社6),人口1,249(士族784・平民465),牛25・馬193。物産には米・麦・粟・大豆・蕎麦・甘薯・実綿・繭・生糸・茶・煙草などがある。明治22年高尾野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462227
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ