ケータイ辞書JLogosロゴ 紫尾(近代)


鹿児島県>鶴田町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ鶴田村,昭和38年からは鶴田町の大字。紫尾神社(もと県社)の社殿下より温泉が湧出し紫尾温泉と称し,紫尾区営の浴場のほか,温泉旅館が3軒ほどある。明治35年宮之城〜紫尾間里道開通,同41年紙漉田,翌年前田の耕地整理完成。大正4年柏原〜紫尾間里道開通。同12年紫尾地区に電灯がつく。昭和22年紫尾郵便局開設。同25年宮之城町鶴田村学校組合立鶴宮中学校が開校,同45年閉校となる。同50年の世帯数232・人口864。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462231
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ