ケータイ辞書JLogosロゴ 志布志郷(近世)


鹿児島県>志布志町

 江戸期〜明治22年の郷名。日向国諸県【もろがた】郡のうち。鹿児島藩直轄領,外城の1つ。もと肝付氏領,天正5年から島津氏領。鎌田政近が初代地頭となり志布志内城の南麓に地頭仮屋が置かれた。当初居地頭であったが5代川上久国の頃より掛持地頭となる。当郷では浦役が野町の役職を兼ねており,辺路番所(八郎か関・夏井の関)や,藩米の搬出港であるため津口番所の勤番,そのほか出物蔵役などの諸役があった。文禄検地のとき松山郷が分離,代わりに蓬原・原田・野神村が志布志郷となり,元禄15年の「日向国覚書」では志布志郷14か村とあるのが,貞享元年以降は志布志・堀内(蓬原)・原田・野神・夏井・内之蔵・井崎田・野井倉・槻野(月野)・安楽・田之浦の11か村となる(旧記雑録)。そのうち月野村は桂家の持切在,また,田之浦村は明治2年まで志布志大慈寺領。志布志村は宝暦・天明の頃より野町・浦・門前を町畠村,麓・農村を帖村として区分するようになり(志布志肝付文書・志布志記),そののちは志布志郷12か村となる。明治4年町畠村は帖村に併合されるが,同12年より再び志布志町として分立した。当郷の石高および人口は,文禄検地では1万445石,宝暦6年衆中403・郷士高3,666石(薩州分限帳),宝暦11年衆中409・衆中総人数2,027人,総人数1万1,562人,合高1万1,664石・郷士持高3,346石(志布志肝付文書),天明3年惣高1万2,520石余・郷士給地3,838石余(志布志記),嘉永4年郷士人体469,所総高1万3,563石余・郷士高3,926石余(要用集)。明治3年郷士464戸(志布志諸家系図),「日向地誌」では戸数3,421・人数1万4,785,内訳は士族495戸・2,126人,平民2,914戸・社家11戸・寺1戸で1万2,695人。明治4年鹿児島県,都城県,同6年宮崎県を経て,同9年鹿児島県に所属。同16年からは南諸県郡のうち。同22年志布志村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462233
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ