ケータイ辞書JLogosロゴ 下木田村(中世)


鹿児島県>加治木町

鎌倉期に見える村名大隅国加治木郷のうち文保3年3月12日の鎮西御教書に「大隅国下木田村内田地以下事」と見え,当村の田地をめぐって「□□意信」なる者と別府彦三郎光実とが相論を行っている(比志嶋氏文書/旧記雑録)なお建治2年8月の大隅国石築地役配符には,加治木郷のうちに「久永廿丁〈二丈〉御家人木田三郎探(掾カ)通平」(調所氏譜祐恒伝/旧記雑録),元亨3年7月11日の守護狩歩兵差符には「加治木郷 郡司 歩兵狩人廿人 上木田大掾十人 下木田大掾十人」と見えており(国分宮内社司沢氏文書/旧記雑録),当地が大蔵姓加治木郡司一族の名字の地となり,鎌倉末期に木田村から上木田村・下木田村の2か村に分裂したことがうかがわれるまた,加治木氏系図によれば,建久8年の大隅国図田帳に記される郡司大蔵吉平の二男信経が上木田村に拠って,木田三郎と号したという(加治木郷土誌)加治木町木田付近に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462255
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ