ケータイ辞書JLogosロゴ 白和園(中世)


鹿児島県>樋脇町

戦国期に見える地名薩摩国入来【いりき】院のうち長享頃と推定される薩摩入来院内山之手手持分帳に所見(入来文書)樋脇町塔之原の字名に残る樋脇川の中流左岸沖積平地のうち河畔地区である本文書は入来院地頭10代重豊時代の直轄在家の検地帳であり,所載在家はいずれも当該地区の土豪クラスとみられている白和園は作子六郎三郎の水田6反中・畠3反10代の小農にすぎないが,入来院地頭の治政上,同地の重視されたことが推量できる永正期の渋谷氏給地反町附帳によれば,白和園に祀る天神社領は3反15代である
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462356
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ