ケータイ辞書JLogosロゴ 新城郷(近世)


鹿児島県>垂水市

 江戸期〜明治22年の郷名。大隅国肝属【きもつき】郡のうち。新城島津氏領。外城の1つ。新城村1か村からなる。天正8年島津義久の長女玉姫は垂水【たるみず】城主島津彰久の室となり,化粧料として新城ほか3,700石を賜った。彰久の子久信(4代)は垂水のほか新城・鹿屋を兼領し,母玉姫も鹿屋の一谷城に移ったが,のち新城の松尾城に隠居した。寛永13年久信の二男久章は3,700石を譲られ,新城家を創立,久章は大守家久の娘を室として化粧料1,200石を賜った。しかし,久章はのち光久(19代)に背き,谷山の清泉寺で殺されたため家は断絶,領地も没収された。なお島津久章の知行高は7,527石余で,うち新城郷新城村884石余,鹿屋【かのや】郷諸村1,902石余,日州諸県郡諸村941石余,夫人の化粧料1,200石,隠居料1,800石であった(垂水市史上)。その後光久は久章の長子忠清を垂水城主忠紀の養弟とし,寛文9年垂水の二男家として新城家を再建し,姓を末川と改めた。「薩藩政要録」では,領主島津要人,家中士惣人数861,家中士人体442,所惣高1,274石余,用夫47,浦用夫82。「要用集」では,領主島津要人,家中士総人数728,家中士人体397,所総高1,289石余,家中高318石余,寺社高40石,用夫174,浦用夫106。明治初期の戸数499・人口1,504,うち士族157戸・509人,平民342戸・995人。同20年の戸数515・人口2,391。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年鹿児島県に所属。郡役所は,明治5年垂水郡治所,同12年垂水郡役所,同20年からは鹿屋郡役所に所属。同22年新城郷新城村は単独で自治体となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462370
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ