ケータイ辞書JLogosロゴ 高橋郷(中世)


鹿児島県>加世田市

 鎌倉期〜戦国期に見える郷名。薩摩国阿多郡のうち。建久8年の薩摩国図田帳によれば,阿多郡250町のうち,公領195町内に「高橋五十町同(没官御領)地頭左女島四郎(鮫島宗家)」とある。高橋の地を含めて阿多郡は阿多四郎宣澄の所領であったが,宣澄が平家謀反の時の張本の一人として追放された後,建久3年8月25日鮫島宗家に同郡地頭職が与えられたのである。貞永元年11月28日付関東下知状によれば,宗家は同郡を二分して,北方を嫡子家高に,南方を宗景に譲ったが,その境界は「則出自観音寺大門,過高橋薬師堂之前,通浜路」という道であった(阿多郡史料)。高橋薬師堂は医王山瑠璃光院平井寺と称し,本尊薬師如来は薩摩三薬師の1つとされていたが(三国名勝図会),明治初年廃された。ところで,北方地頭家高は新田八幡宮領に対する非法により,宝治元年10月25日付関東下知状によって改易され,同職は二階堂氏に与えられた。延慶2年1月6日付二階堂行景後家忍照置文によれば,「以薩摩国阿多郡北方田布施・高橋両郷,譲与得分親等間事」とあって,田布施郷は惣領泰行に,高橋郷は庶子等に譲られた。忍照はまた正和3年2月28日付置文で,高橋郷分担の幕府御所用途を庶子知行の分限に応じて惣領に弁ずるよう指示したが,庶子定氏が弁じなかったので惣領行雄はこれを訴え,元徳元年12月25日付鎮西下知状によって定氏の所領は行雄に付与された。建武5年9月2日付行雄譲状によれば,「阿多郡北方田布施郷,同高橋郷路余利北分」が行仲に,「高橋郷内路余利南水田拾八町六段」が行貞に,「高橋郷内平井寺水田八段」が良勝房に譲与されている(阿多郡史料)。応永13年二階堂氏は島津氏に攻められて阿多郡から放逐された。応永24年11月2日付島津久豊宛行状によれば,「一所高橋」その他が伊作氏に与えられ(伊作譜/旧記雑録),永享4年の島津忠国宛行状では「高橋三十六丁」その他が阿多氏に与えられた(阿多文書/同前)。文明6年行脚僧雑録によれば高橋は島津蔵人幸久の所領となっているが(旧記雑録),間もなく田布施・阿多とともに相州家島津運久がこれを領し,さらに文亀元年運久の養子となった伊作家島津忠良(日新)に継承され,島津本宗家の所領となった。「上井覚兼日記」天正2年9月29日条によれば,当時伊地知重隆の所領となっていたが,重隆は「賢き所にて候,海辺なと候て,諸事下々迄住能所」であるが,山がなく材木等に不自由であるので,田数の等しい入来院山田と召替えてほしいと要求している。なお,南北朝初期の建武4年8月3日付島津道意軍忠状によれば,「一同国(薩摩国)阿多郡高橋松原合戦之事」とあって,鮫島彦次郎(家藤)・伊集院助三郎(忠国)・谷山五郎左衛門入道(隆信)・市来太郎左衛門入道(時家)・鹿児島郡司(矢上高澄)・知覧院又四郎(忠世)等の「数千騎軍勢,以去七月廿一日寄来之間,下向子息親類若党等高橋松原口致合戦」と記されている(伊作家譜/旧記雑録)。これら薩摩南部の郡院領主層は,この年征西将軍懐良親王の前駆として薩摩に下向した三条泰季に応じて兵を挙げたもので,これらと戦った島津方の軍勢は,5代貞久の庶長子川上頼久を将として,伊作領主島津宗久・谷山郡地頭島津(山田)友久,および高橋郷領主二階堂行貞らの名が知られている。この合戦はさらに7月末から9月にかけて行われた市来城の攻防戦に発展した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462497
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ