ケータイ辞書JLogosロゴ 嶽村(近世)


鹿児島県>郡山町

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国日置【ひおき】郡伊集院郷のうち。当村には鹿倉という藩主島津氏の所有する山林があり,その監督官たる行司には伊集院郷士の中の名家の者が任ぜられた(郡山郷土史)。村高は「天保郷帳」では545石余,「旧高旧領」では496石余。鎮守は智賀尾神社。同社は貞観2年に従五位下を授けられた(三代実録)由緒ある神社で,永正16年の「智賀尾六所権現」の額,天文22年の棟札があったという(伊集院由緒記)。仁治元年に西俣名の八世井浦が誓尾六所権現へ寄進されている(旧記雑録)。もとは餅川上の岡にあったが,野火にあい,現在地に移転したという。ほかに熊野三所権現などがある(三国名勝図会)。「県地誌」では戸数108・人口543,うち士族247・平民296,牛54・馬117,小学校1,物産は米・麦・粟・蕎麦・甘藷で,4戸が商業でほかはすべて農業。明治22年下伊集院村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462542
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ