ケータイ辞書JLogosロゴ 田尻村(中世)


鹿児島県>吹上町

 鎌倉期〜南北朝期に見える村名。薩摩国伊作荘のうち。建長7年12月25日付の関東下知状に,地頭島津忠久の自名であった3村の1つとして「田尻・和田・大野三ケ村」と見え,承久3年に万雑公事を下司職と交換したという(伊作荘史料)。その後,文保元年6月17日付の伊作荘日置北郷領家雑掌地頭代和与状には「田尻名領家米」についての1条が見え(伊作家文書/旧記雑録),貞和2年9月日付の伊作荘名主等連署注進状によれば,「田尻・坂本・今田」に宮方が城郭を構えたので,地頭伊作家島津氏が攻略したという(樺山嫡家蔵文書/同前)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462566
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ