ケータイ辞書JLogosロゴ 反土(近代)


鹿児島県>加治木町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ加治木村,明治45年からは加治木町の大字。明治34年国鉄鹿児島線(現日豊本線)鹿児島〜国分(現隼人町)間が開通,地内に加治木駅が設置された。地内南西部に明治初期に成立した加治木町は,同22年以降には大字反土のうちに含まれたが,なお独立の大字加治木として扱われる場合もあった。加治木周辺は時代とともに市街化が進み,昭和32年朝日町・仮屋町・本町・新富町・港町・諏訪町となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462632
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ