ケータイ辞書JLogosロゴ 鶴田村(近世)


鹿児島県>鶴田町

 江戸期〜明治22年の村名。鶴田郷のうち。村高は,「天保郷帳」883石余,「旧高旧領」1,412石余。当村南西部に鶴田郷の地頭仮屋が置かれ,周囲に麓・野町が形成された。寺社には,真言宗神崎寺,鶴田氏の開基と伝える臨済宗竹林寺,郷の総鎮守諏訪上下神社,島津歳久を祀る平松神社などがある(三国名勝図会など)。「県地誌」によれば,戸数226,人口1,081(士族668・平民413),牛104・馬219,日本形船5,小学校は西部にあり生徒数男60,5等郵便局あり,物産としては米・糯米・裸麦・小麦・粟・甘藷・麻など。明治22年鶴田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462692
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ