ケータイ辞書JLogosロゴ 鶴田(近代)


鹿児島県>鶴田町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ鶴田村,昭和38年からは鶴田町の大字。明治18年に開設した説教所が同31年浄土真宗上宮山法成寺の寺号を許可された。大正3年求名〜鶴田間里道開通し,同6年日窒川内川発電所運転開始,同8年鶴田に電灯ともる。昭和3年鶴田橋竣工。同9年宮之城〜長野間の鉄道が開通し,地内に鶴田駅業務開始。同22年川内営林署冷水製品事業所設置,同45年神子に移転。昭和37年主要地方道人吉川内線が国道267号に編入。同年鶴田小学校と神子小学校が統合し,新しい鶴田小学校開校。同40年鶴田ダム竣工。同49年鶴田区公民館(地域娯楽センター)落成。同50年の世帯数452・人口1,444。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462695
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ